視覚障害者ゆりさんの日々

By 藤川ゆり子

Listen to a podcast, please open Podcast Republic app. Available on Google Play Store.


Category: How To

Open in Apple Podcasts


Open RSS feed


Open Website


Rate for this podcast

Subscribers: 0
Reviews: 0

Description

こんにちは、藤川ゆり子です。「視覚障害者ゆりさんの日々season2」へようこそお越しくださいました。 50代はじめに、錐体桿体(すいたいかんたい)ジストロフィーという病気が発覚し、見えにくい/見えない世界へとフィールドチェンジしていきました。ヘタレな私の網膜は、2年前還暦まであと二年というところでギブアップし失明しました。 2021年1月からこの番組で、ぽつぽつと視覚障害者の日常、白杖、点字、スマホやパソコン、視覚障害者のための自立訓練、同行援護や家事援助について語っています。 病気や各種支援について、またその感想については、私藤川ゆり子個人が経験したこと、及びその感想です。どうぞその点ご了承ください。 (2022/01/03記)

Episode Date
冒険の書#25:点字訓練余話
355
点字訓練を受ける私に「歳を取ってから点字を習うのって難しいんでしょ?えらいね」「普段必要なの?…そんなにがんばって大変じゃない?」と、ほめていただいたり、あきれられたりしていました。確かに、新しい『言語』を覚えるのには時間がかかります。 先生方のゆるぎない指導と忍耐に支えられて『見えない世界の言語』を学ぶのは、実は私にとって、とてもエキサイティングな『お稽古』でした。やってよかった♪
Jun 27, 2022
感謝と勇気を思う日
131
たいへん遅まきながら、当番組をお聞きくださっている方々から、「Anchorアプリからの声のメッセージ」の投稿、Apple podcastからの☆印の評価やコメントを頂戴していることが分かりました。 気づかなかったことをお詫びし、恐縮しつつ、心より感謝を申し上げます。 当番組は、パソコンでもスマホでも、番組名を検索戴ければ出てきて聞くことができます。特にスマホでは各種podcastアプリを使うと、より便利です。以下、お好みのアプリをスマホにダウンロードして『視覚障害者ゆりさんの日々』と、番組を検索してみてくださいね。 ☆Anchor ☆Spotify  ☆Apple podcast ☆Google podcast
Jun 24, 2022
個室で手探り
396
暮らしの上で大切な小部屋、お手洗いでの、ひそかな奮闘についてのお話です。 壁面に設置されたスマートなパネル類、注意しないと袖口びしょぬれになる自動洗面台、場所によっては、ムードあるライティング=暗い!。お化粧室内で大慌てしたり、迷子になったこともありました。
Jun 20, 2022
冒険の書#24:援助依頼
456
私にとって『白杖を持つこと』は、第一段階のハードルでした。そして第二段階のハードルは『援助をお願いすること』でした。 私には「何でも自分でできなければならない」と自分で思い込み、誰かに助けを求めることを、頑なに拒んでいる心の固さがありました。自分ができること・できないことを、的確に見直しながら、礼儀正しいコミュニケーションを心がける大切さを、歩行訓練のお稽古で気づかされたのでした。
Jun 13, 2022
I love スマホポーチ♫
382
『スマホ・PASMO・障害者手帳』を、どうしたらすっきりと持ち歩けるだろうと考えていました。私は、たいていリュックで出かけていますが、電車に乗るときやバスに乗るとき、いざというときのスマホでの「視覚障害者のための遠隔サポート」を受けたり、大事な連絡を待っていたりするとき、取り出しやすいこれらの定位置を決めたくなりました。 今のところ、斜めがけのスマホポーチ、とってもお気に入りです♪
Jun 06, 2022
第5週:私の白杖物語
748
4月に、新しい白杖を買ったお話しをしました。その時、白杖を持ち始めてから歩行訓練と出会うまでの4年間、白杖について全く分からず、試行錯誤で持とうと努力した『白杖1号~4号くん』について軽く触れました。 白杖についてお悩みになっている方が『歩行訓練士』という視覚障害者を支援するプロフェッショナルと出会えますようにと、心からお祈りしたいと思います。勇気の第一歩は、勇者への第一歩なのです。 【新しい白杖~白杖7号くんのおはなし~】 https://open.spotify.com/episode/6ZOQkNPvzevkGEwbFHHxfC
May 30, 2022
品川駅・山手線ホームにて
378
久しぶりに出かけた、都内JR山手線・品川駅のホーム構造が少し変わっていました。 あれ?と思ったときは、まずはその場でいったん立ち止まる、落ち着いて何ができるか考える、援助を求めるという、訓練で習った『お約束』を思い出せてよかったです。そして、親切に声かけしてくださった方に感謝!
May 23, 2022
冒険の書#23:点字の手紙
393
点字で『お手紙を書く』という練習は、とても楽しい時間でした。点字郵便のしくみなども教えていただいて、私のワクワク気分は最高潮でした。 ところで、お話しの中で「のりしろ」と言っておりますが、これは「綴(と)じしろ」の間違いです。訂正してお詫びいたします。 【ご参考までに】 使用した“標準点字盤(ニモカ製)”は、表・裏両面に点字を打つことができます。昔からあるという、視覚障害者が点字を打つための、たいせつなお道具です。 下記のリンクから、その画像をご覧いただけます。日本点字図書館・用具販売ホームページへのリンクです。 https://yougu.nittento.or.jp/product601_80.html
May 16, 2022
イヤホン・スパゲッティ
405
「見ること」が不自由になってからは、自然と「聞くこと」「触れること」という感覚を使って、日々の生活をするようになっていきました。読み上げソフトを使ったパソコン操作、iPhoneやiPadを使う時に、他の人がいるときにはイヤフォンを使います。使いやすいイヤフォンを探して、試しているうちに、何だかたくさんのコレクションができあがってしまいました。
May 09, 2022
ゆりさんとドイツの話#6:復活祭の食卓
478
キリスト教の祭日の一つ『復活祭(イースター)』は、春を迎える喜びの祝いでもあります。楽しいお祝い日には、美味しい食事がつきもの。家族と楽しむ宴(うたげ)のために、主婦はがんばるのです。 【どうぞおやつを用意してお聞きくださいね。お腹がすいてきます】
May 02, 2022
ATMと格闘する
449
ATM機器のパネル付近に、視覚障害者用の『音声案内受話器』が設置されていることを知ったのは、自立訓練を受けているときでした。入金・出金・残高確認の機能が使用できます。ゆっくり、落ち着いて音声案内を聞きながら、数字プッシュホンを押して、#(シャープ)や*(アステリスク)も大事です。 無事にお金を引き出せたときに、私は「いつもの私、主婦の私にカムバックした!」と、大いに自信が湧いたのでした。
Apr 25, 2022
冒険の書#22:夫の授業参観
372
視覚障害者となった私に、どうして良いかわからず、なすすべ無く見ていることしかできない家族の気持ちを思うと、切なく申し訳なく思います。夫は、自立訓練の「訓練見学・授業参観」を通して、私の状態を客観的に把握し、手助けするコツを学ぶことができました。「当事者・家族・支援」の歯車が、カチッ!とはまった瞬間のお話しです。
Apr 18, 2022
新しい白杖
318
新しい白杖を買いました。気分も一新して、楽しい外出タイムです。8年前、初めて白杖を持とうと決心するまでの、あの辛い葛藤の日々が『時間薬』と『歩行訓練』によって癒やされたことを実感します。 【ご参考までに】 7号くん:ミズノケーンST(直杖)120cm 6号くん:セガワケーン(折りたたみ)120cm 5号くん:セガワケーン(直杖)120cm ★いずれも、杖先パーツは『パームチップ』 ★身長161cm、歩く速度速め。歩行訓練(訓練中・修了後)時に、歩行訓練士のアドバイスにより購入。
Apr 11, 2022
空中は危険がいっぱい
291
白杖を使って歩いているとき、歩いている地面の2歩先と、みぞおちから下の身体部分は、杖先の感覚で安全を確認できますし、ぶつかりそうなものからガードされています。ところが、胸から上、顔の周りはノーガード。白杖歩行の際の意外な盲点がここにあります。とかくせかせかと先を急ぎがちな私の耳に、今も『藤川さん、ゆっくりと』という、歩行訓練士の注意がこだまします。
Apr 04, 2022
冒険の書#21:点字タイプライター
407
点字を書くための『点字タイプライター』のことを教わったのは、一年間の点字訓練の最後の頃でした。訓練当時は右も左も分からず、ただただベテラン先生が教えてくださることについていくのが精一杯でした。しかし、先生の「こんなこともできるよ」「このような機材もあるのよ」という教えや、機材の紹介は、訓練卒業してからだんだんと理解できて「ありがたいことだなぁ…」と思うのです。 【点字タイプライター】 ★パーキンスブレイラー普通型 ★点字タイプライター・テラタイプ
Mar 28, 2022
セーフティネット
425
大きなことでもごく些細なことでも、『普段の状況ではないこと』は、私にとって、とてもドキドキして、不安で、とまどいます。まずは深呼吸、そして次に何をするか…セーフティネットは大事だなと思いました。 【ご紹介:スマホカメラと通話を使った遠隔サポートアプリ】 ☆Be My Eyes(ビー・マイ・アイズ) 無料アプリ ☆アイコサポート 月額制有料アプリ
Mar 21, 2022
冒険の書#20:ICT訓練余話
351
ICT訓練担当の、全盲の先生との何気ない会話に、私は勇気づけられました。障がいの重い・軽いに関わらず、まずはできる限り日常生活を大切にして愛おしむことだということに気づくことができたのでした。
Mar 14, 2022
冬季パラリンピック
300
思いがけない国際情勢の変化とシリアスな状況に、なんとも言えない思いが続きます。 このような社会情勢の中で開かれた冬季パラリンピック大会。アスリート達の努力とチャレンジを、私は心から尊敬し、大会での熱い燃焼を祈り、応援したいと思います。
Mar 07, 2022
お洋服の整理
423
「なんだかねぇ…何を着てもしっくりこないわ」という悩みは、女性にとって次々とやってくるポイント年齢に顕著に現れます。私はいつも「?」という感じで過ごしてきました。 さらに、見えにくい/見えない人となると、お洋服の管理はハードル高いなぁ、と思います。家事援助ヘルパーさんの助けを借りて、試行錯誤の日々。今日はそんなお話しです。
Feb 28, 2022
NHKラジオ:アンコール放送のお知らせ
98
【ご案内】 昨年9月に放送された出演回『私の歩行訓練記~歩行訓練は喜びのパスポート~』が、アンコール放送されるとのことです。関心を持っていただけたことに感謝です。 視覚障害ナビ・ラジオ 2022年2月27日(日)NHKラジオ第2 午前7時30分~8時 午後7時30分~8時(再放送) https://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=47323#contents NHKインターネットラジオ・らじるらじる https://www.nhk.or.jp/radio/ 日本点字図書館・自立支援室 https://www.nittento.or.jp/about/jiritsu/index.html 歩行訓練と私(PDF版・自立支援室HP内掲載中) https://www.nittento.or.jp/about/jiritsu/images/fujikawa_OM_dialy.pdf
Feb 23, 2022
冒険の書#19:フォローアップ訓練
347
今日は、白杖歩行訓練を卒業後1年半程経った、最近のお話しです。 進行性の病をもつ視覚障害者は「見えにくさ」や「見え方」が変化していく可能性があります。私は、状況が変わって困ったときに、フォローアップの機会をいただけて助かりました。
Feb 21, 2022
それぞれの事情
366
オトナのスマートな、美しく誠実な会話というのは、大変難しいものだと思います。特に「政治・宗教・お金・病」の四つのテーマは、いきなり語り始めるのは避けたいもの。 私は、不作法だったお恥ずかしい若い時代がありました。苦い思い出を胸に、デリケートかつ懐の深いオトナでありたいと思うこの頃です。
Feb 13, 2022
冒険の書#18:点字読み書き分かち書き
372
点字訓練も終盤に入ると「文章の書き方」の練習に重点がおかれました。外国語を習うときもそうですが、点字にも特有の文法がありました。最初は「?!」でしたが、ゆっくりコツコツお稽古です。
Feb 07, 2022
第5週はお楽しみ回
377
1月の第5週は、お楽しみ回。私は、初めての運転免許を取ったのが、23年前のドイツ駐在中のことでした。「危ないときはすぐ止まれ!」「不決断は事故の元!」と、ドイツ人教官に厳しく指導されたのですが、まさかその20年後、白杖歩行訓練で同じことを聞くとは思いもよらないことでした!
Jan 31, 2022
美術館へ行く
290
同行援護(ガイドヘルパー)さんと、写真展に行きました。ガイドヘルパーさんが、どんな感じの写真が展示されているか、小声で周りに配慮しながら説明してくださいました。 私は、写真の大きさ、構図、色を想像し、作品に向かう周囲の人々の「集中」を感じて、とても楽しかったです。好きなことを、違う角度で楽しめることを発見した一日でした。
Jan 24, 2022
ラジオ(ちょこっと)出演のお知らせ
65
【ご案内】 2022年1月22日(土)朝8:15~8:30 ラジオ日本 『小鳩の愛~eye~』 スマホを使った遠隔支援サービスの体験についてコメントしました。 後日、番組podcastでロングバージョンも視聴可能とのことです。 小鳩の愛 http://www.jorf.co.jp/?program=kobato
Jan 21, 2022
冒険の書#17:マウスとの別れ
454
私のパソコン訓練は、最初『見えにくい』状態でパソコンの画面を、少しでも見えやすくするためのコツを習いました。しかし『見えない』状態に対応するために、画面を読み上げてくれるソフトウエア、PC Talker(2019年当時。現在はPC Talker neoを使用)を使って、キーボードのみで操作する方法を教わりました。 就労が目的ではないパソコン訓練で大切なのは「自分はパソコンで“何を”したいか?」ということを、ハッキリさせておくことです。
Jan 17, 2022
こころの縁側
350
新年のおよろこびを申し上げ、皆様のご健勝をお祈りいたします。当番組をご視聴くださいましてありがとうございます。おかげさまで「視覚障害者ゆりさんの日々season2」を迎えることができました。これからもどうぞよろしく応援お願いいたします。
Jan 10, 2022
喜びのともしび
258
「学校で聞いたんだよ」と言って三人の少年達が、混雑した地下鉄乗り換えのサポートをしてくれました。純真な心に感動と感謝、尊敬の思いがあふれました。
Dec 27, 2021
ゆりさんとドイツの話#5
424
おそらく昔も今も、ドイツ人家庭のクリスマスは『家族の日』という位置づけなのではないでしょうか。 若いときに私が受けた、あたたかいもてなしは、今も宝物の思い出です。
Dec 20, 2021
冒険の書#16:歩く喜び
489
『白杖を使い、ひとりで、行きたいところへ安全に行って帰ること』… 歩行訓練士の先生は、訓練生の希望、技術習得状況、見えにくくてもその人の持つ視機能の使い方、見えなくてもその人が使える感覚を的確に判断し、最適な「歩いて行くための手がかり」を指導し、鍛錬してくださいます。 白杖から分かる地面の状況を感じる、周囲の音を聞き分ける、匂いを感じる、空間の様子を肌感覚で感じる…最初はとまどいましたが、訓練が進むと、まるでゲームのレベルアップのように、楽しく、誇らしい気分で歩いて行くことができたのでした。
Dec 13, 2021
床面スッキリと
387
「慌てなくていいよ」「ゆっくりどうぞ」…よく私にかけられる言葉です。 生来のあわてもの、せっかちな性質の私は、外出中よりも家の中での失敗の方が多いのです。家の中、自分が移動する動線上は『スッキリ』しておくことにしています…が、落ち着いた行動の方が先決ですね。誰か同じお悩みの方っていらっしゃいます?
Dec 06, 2021
第5週はお楽しみ回
367
11月の第5週はお楽しみ回。2019年11月に開催された『日本点字図書館・オープンオフィス』の思い出をお話しします。 コロナ事態で、残念ながら2020年、2021年と二年間、開催が見送られていますが、きっとまた素敵なイベント満載で再開されることでしょう!
Nov 29, 2021
冒険の書#15:書き方の衝撃
285
点字訓練を始めて約半年後『書き方』の練習に入りました。 点字は常に横書きで、左から右へと指で凸点に触れて読んでいきます。「書き方」は、紙を裏返して右から左へと、鏡文字で点を打っていきます。さあ、頭の体操の開始です!
Nov 22, 2021
初めての同行援護
336
今から3年前、2018年11月、私は障害者が公的サービスを受けるために必要な「受給者証」を取得しました。最初にお願いしたサービスは、『同行援護(ガイドヘルパー)』でした。 ガイドヘルパーさんのおかげで、亡き母の法事へ安心して行き帰りできて、私は久しぶりの外出後、安心感に満たされました。 福祉制度とつながることの大切さを、あらためて感じる今日この頃です。
Nov 15, 2021
冒険の書#14:おしゃべりするパソコン
295
視覚障害者でも『スクリーンリーダー(画面読み上げソフト)』という、特別なソフトウェアを使用して、読み上げられる音声を聞きながら、メールの作成、送受信、WordやExcelでの文書作成、インターネットでの各種閲覧等ができます。 私はパソコンを使うのが大好きなので、メール作成、送受信とメモ作成、Word文書作成のやり方を重点的に訓練していただきました。
Nov 08, 2021
NHKハートネット:記事掲載のお知らせ
70
NHKハートネット (2021年11月1日掲載) 中途失明からの第一歩 歩行訓練は喜びのパスポート https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/552/
Nov 03, 2021
点字の日
300
自立訓練を知る前、気晴らしのために点字のお教室ってあるかしら?と調べていました。 単語や数字が分かればそれでいい…というだけの思いで、本を読むなどという高い目標はありませんでした。 しかし点字訓練のおかげで、静かに点字に触れる喜びを知る事ができるようになりました。
Nov 01, 2021
冒険の書#番外編:3ヶ月目の壁
367
張り切って訓練を始めて三ヶ月目。お稽古事にあるあるな、お定まりのスランプがやってきました。「何でうまくいかないの?!」という時期を上手に切り抜けると、その先に上達と、お稽古の楽しさが待っているのです!
Oct 25, 2021
I love 凸点シール♫
298
私にとって「見てわかる」から「触れてわかる」への転換点となった便利グッズ…それが凸点シールでした。 見えにくい/見えない世界で生活するとき、工夫してみようかな♪という気楽さと楽しさの気持ちがあると、ホッと一息つけます。
Oct 18, 2021
私のお片づけ
267
捜し物をしているときに困るのは、目的のモノが見つからないということもさることながら、「これ、なんだ?!」という謎な持ち物を確認することです。 『見えない私のお片づけ』は、まだ始まったばかり…がんばります!
Oct 11, 2021
冒険の書#13:危険地帯
344
見えにくい/見えない人にとっての「三つの危険地帯」。それは交差点、階段、そして電車乗降の瞬間です。視覚障害者自身が、自分の安全を守るためにできる「手順」は、大切な訓練項目なのでした。 【ご案内】 ホーム転落をなくす会~あなたのひと声が命を救います~ https://stoptenraku.jimdofree.com
Oct 04, 2021
手記 歩行訓練と私
165
《ご案内です》 NHK視覚障害ナビ・ラジオ(2021/09/26出演放送回) 後追い視聴可 https://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=47301#contents 日本点字図書館・自立支援室 https://www.nittento.or.jp/about/jiritsu/index.html 歩行訓練と私(PDF版・自立支援室HP内掲載中) https://www.nittento.or.jp/about/jiritsu/images/fujikawa_OM_dialy.pdf
Sep 30, 2021
八百屋の閉店
338
ご近所の商店街が、少しずつ縮小されています。昔ながらの対面販売は、視覚障害者となった私にとって本当に助かる、楽しい買い物の時間でした。便利な機械やサービスに頼るのも大切ですが、人と人との触れ合い、助け合いも、とっても大事なことなのです。
Sep 27, 2021
ラジオ出演のお知らせ
111
『視覚障害ナビ・ラジオ』に出演します。 https://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/ NHKラジオ第2 9月26日(日) 7:30~8:00 19:30~20:00(再放送) PC、スマホでラジオを聞くには→NHKらじるらじる で検索 
Sep 23, 2021
冒険の書#12:点字グループレッスン
299
先生一人に、訓練生二人のグループレッスンで、私の点字訓練はさらに進んでいきました。共に学ぶ仲間がいることは、心の支えであり、がんばっていく力になりました。
Sep 20, 2021
冒険の書#11:楽しいデイジー図書
464
視覚障害者となっても読書ができることを知って、喜びにあふれました。キーワードは三つ。「Daisy(デイジー)図書」「サピエ図書館」そしてiPhoneやiPadで使用する有料アプリ「Voice of Daisy(ボイスオブデイジー)」なのでした。
Sep 13, 2021
雨と風と防災と
281
9月は防災を考える月。私なりの、心に留めることが3つあります。一つめは、安全意識を高め、できる工夫や努力を惜しまないこと。二つめは、状況が確実に把握できない時は、動かないこと。三つめは、あらゆる意味で「覚悟」を決めておくことです。
Sep 06, 2021
第5週はお楽しみ回
391
8月の第5週はお楽しみ回。盲導犬体験のお話です。『日本盲導犬協会』についてインターネットで検索すると、たくさんの情報を知ることができます。暖かい見守りと、ご支援をよろしくお願いします。
Aug 30, 2021
冒険の書#10;白杖基本練習
446
お稽古事や、技術を習得するプロセスには、必ず基本練習があります。白杖歩行訓練もそうでした。そして「きれいな姿勢」と「リラックス」が、お稽古上達の共通の秘訣なのです!
Aug 23, 2021
特別配信・防犯
303
防犯に関する特別配信です。ひとつだけ語句の説明を添えます。『晴眼者(せいがんしゃ)』とは、普通に目の見える人のことを表す言葉です。
Aug 19, 2021
ゆりさんとドイツの話#4
273
ドイツの人にとって『夏のバカンス』は一年のハイライト。旅行や楽しいイベントを計画して楽しみますが、普通の日常をいかに充実させるかという堅実な生活も、家族それぞれで話し合って過ごします。長い冬を前にして鋭気を養い、楽しい夏の思い出話のネタ作りにいそしむ彼らは、「生活の余白」を大切にしているのです。
Aug 17, 2021
ゆりさんとドイツの話#3
323
点字訓練グループレッスンの時のクラスメイトが「ドイツの日常風景の話、また聞きたいです」とお話しくださいました。ありがとうございます。夏の休暇の徒然に、のんびりと「朝ごはん」の思い出話をお届けします。
Aug 16, 2021
まさかの坂
357
障害を受け入れる=ポジティブなこと・立派なこととは、私は思いません。それは、その人その人の心の領域ですから「これより先、立ち入るべからず」だと思います。しかし、日常生活をより快適に、希望や楽しみを得るための、実際的な医療と福祉の両輪でのたすけ、情報は切に望みます。心のケアは静かにゆっくりと、日々のケアはすみやかに…まさかの坂の峠越え、ゆっくりとお大事に進んでいきましょう。
Aug 09, 2021
冒険の書#9:点字回路
460
点字は、1マス6点で構成されていて、向かって左上から下へ「1、2、3」隣右上から下へ「4、5、6」と各点に『住所』があります。点の組み合わせを頭では分かっていても、いざ指先で触れて点字を読む(触読)のは大変!心を子供に戻して、点字回路を開くのに時間をかけました。
Aug 02, 2021
給水ポイント
361
単独で外出する時、私は『給水ポイント』すなわち、飲み物を買える自販機の位置を、要所要所で覚えておくようにしていました。そしてもう一つ、ある方の貴重なアドバイスをいただいて、お出かけが、より安心になったのでした。
Jul 26, 2021
感謝と信頼の家事援助
393
家事援助(ヘルパーさん)が来てくださるようになって2年と少したちました。相談支援員、家事援助事業所との、何度かの聞き取り調査、障害の進行に合わせて、暮らしの中で助けていただきたいことを相談してきました。自分一人で頑張り過ぎず、夫「だけ」に全ての困りごとを被せないよう、うまく家事や自分の事をやっていくのも、相談や熟考、練習が必要なのでした。
Jul 19, 2021
冒険の書#8:聞き読みのお稽古
387
中高年の中途視覚障害者にとって「見る」という行動は慣れ親しんでいて手放したくないものです。たとえ、どんなに見えにくくなっても…。私にとって「読み上げられる書き言葉の文章を、聞いて理解する」ということには、慣れと練習が必要でした。
Jul 12, 2021
冒険の書#7:手引きで歩く
341
まっすぐ前を見て、正しくガイド(歩行訓練士)の肘少し上を掴み、一つのユニットとして歩く練習。手引き歩行は、ガイドを信頼して命を預けることですが、「丸投げのお任せにはしない」ということも教えられたのでした。
Jul 05, 2021
点字投票
317
わたしが初めて点字投票をしたのは、自立訓練開始、半年後の夏でした。ちょうど点字訓練で「書き方」に入り、歩行訓練では、電車に乗って区役所へ行くことが仕上がった頃でした。訓練で習ったことを生活で実践する、というマイ・プロジェクトは、確かな自信となり、喜びと楽しさをもたらしたのでした。
Jun 28, 2021
私の白杖記念日
125
週の半ばに失礼いたします。7年前の今日、購入してから1ヶ月間飾ってあった(持ちたくなくて悩んでた)白杖を、初めて外に持ち出せた日。自分で自分の「勇気をたたえる記念日」なんです!
Jun 24, 2021
残念な出来事たち
338
私が遭遇した残念な経験を、カレーの辛さに例えてお話しします。【中辛】【大辛】【激辛】【鬼辛】…。ココロ折れる時もありましたが、おばちゃん魂の本領発揮して、逞しく、優雅に乗り越えたいと思います。
Jun 21, 2021
お出かけ前の整理
359
お出かけ先で「しまった!忘れ物した!」と悔やんでも、なかなかリカバリーしにくいものです。お出かけの際、私は何を持っているのかしら?と改めて確認してみました。…あら…あんなに大きかったお化粧ポーチ、持ち歩かなくなったなぁ!
Jun 14, 2021
お知らせ
65
原因は不明ですが、番組の新しいエピソードの表示が遅延しているようです。また、Apple Podcastアプリ内の表示が微妙に変わっているとのことです。お手数とご不便をおかけして申し訳ありません。 視覚障害者ゆりさんの日々 Googleで検索 Yahoo!で検索 あるいは以下のリンクからも聞けます https://open.spotify.com/show/3sNWkhhK0CThBuBEEG8uJd
Jun 07, 2021
冒険の書#6:ゼロからの読み書き
381
点字は、見えない世界の言語です。私は12ヶ月の点字訓練を通して、しみじみとそのことを感じました。新しい世界の言葉を知ること、使えることは、便利なだけでなく、その世界で過ごしていく覚悟や自信にもつながります。50代半ば過ぎて、再び「幼児」に戻って読み書きをお稽古するのは、苦しくもあり、新鮮でもあり、楽しいことでもありました。
Jun 07, 2021
第5週はお楽しみ回
419
初めて経験した、ラジオ番組収録の様子を語ってみます。「4月の小鳩の愛、楽しかったよ」という感想をありがとうございました。ホント、ドキドキで心臓が自分の隣で脈打ってたんですよ…
May 31, 2021
一期一会
277
たまたま私の「病院内・単独白杖歩行」訓練を見ていた、視覚障害をお持ちの方との一期一会の出会い。使われることのなかった白杖…。逝かれた方に合掌。
May 24, 2021
冒険の書#5:魔法使いの弟子
386
ICT訓練担当の先生は、全盲の人でした。目の前でiPadやiPhoneを、視覚サポート画面読み上げ機能・VoiceOver(ボイスオーバー)と、指先のジェスチャーを駆使して、鮮やかに操作するのに驚嘆しました。白杖の使い方にしろ、iPadジェスチャー操作にしろ、魔法使いになる要素たっぷり!本格的な修行の始まりです。
May 17, 2021
冒険の書#4:歩行訓練のエッセンス
331
訓練開始の直前、私は大事なことに気がつきました。自立支援室まで「通所」しなければならないのです!歩行訓練初日の座学で学んだ7つの項目は、私の受けた16ヶ月の歩行訓練の真髄でした。
May 10, 2021
クロックポジション
265
こんにちは。いつもの月曜レギュラー放送です。そこ、あっち、こっち、向こう…「見て」わかる時には何とも思わなかった表現。見えない・見えにくくなると謎々になってしまうことがわかりました。便利な2時・3時・9時・10時の方向、という表現が広まったらいいなと思います。
May 03, 2021
ゆりさんとドイツの話#2
392
元音楽家だったおかげでしょうか…私には、ドイツでのたくさんの「音の記憶」があります。ゆる〜い思い出話を、のんびりとお楽しみくださいませ。
May 02, 2021
ゆりさんとドイツの話#1
347
私は今までの人生の三分の一を、欧州の国々、特にドイツと関わってきました。GW休暇のつれづれに、今日と明日の二日間、昔の思い出をゆる〜く語ってみます。
May 01, 2021
初めての対面朗読サービス
357
どうしても「今」読みたい新刊本を前に、悩んでいました。対面朗読サービスというのがあることを知って、恐る恐る問い合わせました。「目で見る読書」から「耳で聞く読書」へとシフトした今、再び読書の幸せに笑顔です。(2021/04/26現在、緊急事態宣言により日本点字図書館対面リーディングサービスは休止中とのことです)
Apr 26, 2021
ラジオ出演のお知らせ
75
ラジオ日本・小鳩の愛〜eye〜に出演します。4月24日土曜日 朝8:15より。radikoラジコというアプリ(無料)を使うと、スマホでもラジオが聞けます。
Apr 20, 2021
冒険の書#3:出発のとき
325
いよいよ冒険に旅立つとき…どんな宝物を見つけに行きますか?あるいは、どんな怪物を退治して勇者になりますか?自立訓練という新しい旅立ちの前に、今一度旅の目的を考えてみました。良い旅を!(注:支援制度や訓練内容は、各自治体、事業所によって異なります。また、私の経験はコロナ事態以前のことです)
Apr 19, 2021
冒険の書#2:書類準備編
330
日本点字図書館・自立支援室で訓練(通所)を始めるに際して、まず必要になったのは「受給者証」でした。福祉支援という知らない世界にあたふたした日々…。しかし、頼もしいケアマネジャーという水先案内人がいるのでした。
Apr 12, 2021
冒険の書#1:自立訓練への第一歩
329
視覚障害者のための自立訓練があることを知ったのは、日本点字図書館に行った時のことでした(注:2018年当時)。相談することの大切さを知り、プロフェッショナルな助言に背中を押してもらい、私はようやく支援窓口へとつながったのです。
Apr 05, 2021
第5週はお楽しみ回
300
3月は月曜日が5回ですね。そこで、気分転換に「お楽しみ回」と称して、大好きな歌舞伎について語ってみました。
Mar 29, 2021
決断のとき
332
「まだ大丈夫。まだ何とかやっている…」という自分の思いこみを打ち砕く、3つの危険な失敗談。真剣に自分の視覚障害と向き合う決断の時。障害告知から4年後のことでした。(花粉症で鼻声です。お聞き苦しさをご容赦くださいませ)
Mar 22, 2021
行方不明の靴下
280
軽やかな、パッ!とスマート(に見える…はず)な身ごなしに、大きな、痛〜い落とし穴があります。落とし物には要注意。御身お大事になさってくださいね。
Mar 15, 2021
ネットサーフィン
289
インターネットのおかげで、私は「見える・見えにくい・見えない」どの時でも、様々な情報を調べたり探したりできる幸せを感じています。しかし、情報の大波にのみこまれ、沈みかけた時はどうしましょう?
Mar 08, 2021
悩ましき白杖
258
初めて白杖(はくじょう)を持つと決めた日。知らない人だらけの街中では、何とか持ち続けられました。しかし、親や兄弟姉妹、友人知人、近所の人に、白杖姿を見られても動揺しなくなるまでは、時間がかかりました。勇者への道のりは遠いのです。
Mar 01, 2021
通りすがりの天使たち
242
一言の言葉、数秒間のまなざし…私は守られて歩いています。「ゆりさんこんにちは。○○です」…親切な、わかりやすいお声がけをくださるあなたに、感謝!
Feb 22, 2021
みえる みえない みえにくい
349
視覚障害者にとっての「みえにくさ」の悩み…説明できる気持ちになるのには、ちょっと時間がかかります。どんなみえにくさで困っているのか、向き合える時が来るといいですね。
Feb 15, 2021
大切な指先
265
視覚が不自由になると、「触れること(触覚)」がセンサーとして活躍します。大切な手指をいたわってあげましょう。
Feb 08, 2021
おうち生活の合言葉
251
せっかちで、ええかっこしい主婦が盲人となると、やり慣れた台所仕事も修行の場に…。呪文を唱えて乗り切ります。
Feb 01, 2021
初めましてのご挨拶
227
50代で中途視覚障害者となり、足かけ10年…止まっていた時が動きはじめました。自己紹介です。
Jan 29, 2021